紅日毬子電子日誌【網膜堂】

虚飾集団廻天百眼俳優陣 紅日毬子の華麗なる独り言と網膜の記憶
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【先月は昨年であります、ARTiSM FESTA御礼】 | main | 【冬の爪先】 >>

【冬の天球儀、幻想第四次のフイルタアを掛けてみたまへ】

0
     

    浅草橋Parabolica-bis
    【少年とウサギ 展】内
    紅日毬子謹製催事
     朗讀サロン【天球儀の會】(長野まゆみ著「天球儀文庫」朗讀)
     朗読劇【幻想第四次の記憶】(宮沢賢治著「銀河鐵道の夜」朗読劇)
    2013年11月20日(水)〜24日(日)



    五日間に渡る、紅日毬子の主催催事、(だいぶん前に)全日程終了!

    ご参加くだすツた皆様

    お話をくだすツた今野裕一氏をはぢめとする、Parabolica-bisの皆様

    音全般を担當してくだすツたAsohgi ヲノデラジュンペイ氏

    光を灯して呉れた左右田歌鈴嬢

    其の他たくさんの皆様に、愛と感謝を

    ほんたうにありがたう存じました!



    サテ、網膜の記憶をば


    朗讀サロン【天球儀の會】では、長野まゆみ先生の作品に因ンだ飲物を楽しンで頂きました


    コンナ風でした
    「天球儀文庫」より、冬のおはなし「夜のプロキオン」を主に朗讀させて頂きました



    僕の席


    僕の席 其の貳




    此の洋燈、良いでせう



    サテ、【幻想第四次の記憶】

    舞台向かツて
    右奥 星の教室
    左奥 家
    左前 活版所、牛乳屋
    右前 銀河輕便鐵道内
    中央 黒い丘
    手前 鳥捕り プリオシン海岸

    でした



    音屋さん 光屋さん ジョバンニ



    「どこまでも行くンです」



    本には「星の世界」の扉を附けて


    此のおふたりのお力添へ無くして此の舞台は成り立たず

    ほんたうに感謝してをります


    感謝といへばまうひとり

    Parabolica-bisの中の人のリーダー、奈良朋チヤン

    ほんたうに、ほんたうに助かりました ありがたう存じます

    ベスちやんのハリネズミの爪楊枝と一緒に




    由良瓏砂さんも遊びにきてくださひました
    すてきな少年装!

    今回、少年装でゐらツしやる方が多くて僕は嬉しかツた


    最終日にはAsohgi氏にLIVEもして頂きました なんといふ僕得

    20年ほど一緒にゐる、兎のピカスも連れて来た




    以下、贈り物の記録


    一族より、薔薇の贈り物 僕は薔薇が大好きだ



    忙しい中、何度も足を運ンで呉れたあの子から、原液の贈り物
    たいせつに、たいせつに飲ンでゐるヨ



    此の催事の為に西からゐらしたお嬢さんから、聖夜にピツタリ、紅茶とお菓子の贈り物
    とても美味しかツた…!!いつもほんたうにありがたう存じます


    共に舞台を踏ンだこともある、可愛らしいお嬢さんより、お邸の焼き菓子の贈り物
    流石のクオリテイ
    叉、遊ばうネ



    【少年とウサギ 展】出展作家さまにして「ビスうさ」の産みの親、
    「カムパネルラ」「ザネリ」のビスク少年もおつくりになツた神宮寺光先生より、
    コンナにすてきなお花を頂きました
    う、う、う、泣く程嬉しいです、だいすきです



    初日にも可愛いお花を頂いた
    薔薇もガーベラも千日紅もだいすき、ほんたうにありがたう



    天城凛太郎君からは、季節のものを頂いた
    今年、すてきな味だネ  何時も支へて呉れてありがたう




    叉、いつか何処かで、かういふ催し物を企てますので

    皆さん、叉、遊んでネ。










    「どこまでも、どこまでも一緒に行くよ」




    ジョバンニ
    アビ
    宵里


    毬子

    【御礼】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://akahimariko.kaitenhyakume.com/trackback/211
    この記事に対するトラックバック