紅日毬子電子日誌【網膜堂】

虚飾集団廻天百眼俳優陣 紅日毬子の華麗なる独り言と網膜の記憶
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【瞼の雨戸の閉め忘れ、お邸での記憶】 | main | 【霜月のおしらせ、すこし變はツたところがある】 >>

【霜月の天球儀、幻想第四次からの報せ】

0



    幾度となく訪れる雨風に、金木犀もスツカリ散らされました

    色々と綴りたい事あれど、筆無精の持病が悪化してをります

    ソンナ中、来月のお報せをさして下さい



    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

    紅日毬子が霜月下旬のパラボリカ・ビスを乗ツ取り、少年祭を敢行!
    楽曲にAsohgi氏を迎へ、天體に一番近い朗讀劇を贈る五日間!
    白亜の空間で、趣向を凝らした少年の理想世界を具現化する!

    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

    浅草橋parabolica-bis

    【少年と兎 展】

    11月1日(金)〜24日(日)


    紅日毬子謹製催事

    ●サロン【天球儀の會】(長野まゆみ「天球儀文庫」シリーズ朗讀)

    ○朗讀劇【幻想第四次の記憶】(宮沢賢治「銀河鐵道の夜」朗讀劇)


    1120日(水)〜24日(日) 同時開催

    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

    ……といツた具合で、ふたつのイヴエントを予定してをります
    其れ其れの特色を申し上げますと


    サロン【天球儀の會】
     長野まゆみ先生作品に因んだ飲物を愉しみ乍ら『天球儀文庫』朗讀が聴けるサロン型催事


    ○朗讀劇【幻想第四次の記憶】
     昨年6月に同所にて行はれた宮沢賢治『銀河鐵道の夜』、まぼろしの朗讀劇 待望の再演


    となります

    長野まゆみ先生、宮沢賢治先生がお好きな方は何卒、遊びにゐらして下さい



    期間中、毬子は勿論、毎日少年装です 笑

    少年装でのご来場、大歓迎です
    (勿論、どンな恰好でも大歓迎ですが)


    おはやめの御予約はこちら



    叉、お報せしますネ





    以下詳細

    ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

    浅草橋parabolica-bis

    【少年と兎 展】

    11月1日(金)〜24日(日)


    紅日毬子謹製催事

    ●サロン【天球儀の會】(長野まゆみ「天球儀文庫」シリーズ朗讀)

    ○朗讀劇【幻想第四次の記憶】(宮沢賢治「銀河鐵道の夜」朗讀劇)



    1120日(水)〜24日(日) 同時開催

    切符:2000円/●○通し切符:3500

       當日は各500円増し



    出演   :紅日毬子

    楽曲・音響:Asohgi

    協力   :虚飾集団廻天百眼

        


    【スケヂウル】

    20() 【天球儀の會】    19:00開始 20:00朗讀

    21() 【天球儀の會】    19:00開始 20:00朗讀

    22() 【天球儀の會】    19:00開始 20:00朗讀

    23() 【天球儀の會】    14:00開始 15:00朗讀

         【幻想第四次の記憶】 18:30開場 19:00開演

    24() 【天球儀の會】    14:00開始 15:00朗讀(Asohgi LIVEあり

         【幻想第四次の記憶】 18:30開場 19:00開演


    ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●



    御予約は【紅日毬子 切符御予約ノ匣】へお願ひ致します








    白状するとね、ぼくは天使を見たよ







    毬子


    【報知】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://akahimariko.kaitenhyakume.com/trackback/201
    この記事に対するトラックバック