紅日毬子電子日誌【網膜堂】

虚飾集団廻天百眼俳優陣 紅日毬子の華麗なる独り言と網膜の記憶
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【儚い夢も一夜故 何時かは再び視たいもの】 | main | 【ウイルス】 >>

【もし生きてゐても、あたしは呪ひをかけてやるつもりです】

0
    ◆3月1日[金]〜2日[土]
    【Presque Grimm:Spectacle Noir〜グリムのような夜の饗宴〜】


    朗読とダンスによる、諸星大二郎版“グリム童話”をオマージュした日替わり2日公演

    於:浅草橋【パラボリカ・ビス

    原作:諸星大二郎
    「Gの日記」(紅日・本原)
    「赤ずきん」(紅日 朗読)
    「ラプンツェル」(本原 ダンス)
    「いばら姫」(本原 ダンス)
    「小ねずみと小鳥と焼きソーセージ」(紅日 朗読)

    構成・演出:今野裕一

    出演:
    本原章一
    紅日毬子(虚飾集団廻天百眼)

    音楽:島村秀男

    美術:マンタム


    此れもだいぶん前のことだけれど

    ご免なさい、今、云ひます


    此の興業も盛況のうちに、幕


    皆様ほんたうにありがたう存じました



    此れより、網膜の記憶を焼き附ける



    【Gの日記】 おばあさんとG


    G、あたしはグレーテル


    コツチはヘンゼル兄さんよ(中川多理さん作品)


    喰べるだけの子も、とツても可愛いの(同上)



    【ラプンツェル】を踊る本原氏


    【いばら姫】私ヲ起コシテ呉レタノネ



    【赤ずきん】私と、私(湊敦子さん作・狼のお人形)
    書き下ろしの、おうたも唄ツたの




    【小ねずみと小鳥と焼きソーセージ】労働階層少年装にて朗読



    写り込みシリーズ




    奇妙ですてきな音楽を創ツてくだすツたり、オープニングアクトにてアコーデイオンを演奏してくだすツた島村秀男さんと、【Gの日記】





    たくさんの贈り物まで、ほんたうにありがたう存じました


    パラボリカさんでは、今後もたくさんの事をやらせて頂きたいと思ツてゐます







    小鳥君、僕はまう疲れたから、先に




    毬子
    【御礼】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://akahimariko.kaitenhyakume.com/trackback/174
    この記事に対するトラックバック