紅日毬子電子日誌【網膜堂】

虚飾集団廻天百眼俳優陣 紅日毬子の華麗なる独り言と網膜の記憶
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 睡れ、不眠よ | main | 幾人も生かし幾人も殺した はぢめから死んでゐるものも澤山ゐた >>

ゆくとしに手を振るとうしろから、

0

    あたらしいとしに抱きすくめられて動けない



     
    2012年、ほんたうにお世話になりました
    来年も叉、變はらぬご寵愛を、お受けし度う存じます








    此れより、電波の届かぬ辺境の地へ旅立たねばならないのです





    毎年、大晦日から元旦にかけて、山籠りをするのが紅日家の習はし






    初日の出の暁光に山が染まツたら


    人々に忘れ去られたかのやうなお社に後挨拶にゆく






    此れがわたくしのお正月





    今年はお着物ではないけれど








    永劫に、わたくしをおまもりください









    毬子


    【日誌】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://akahimariko.kaitenhyakume.com/trackback/154
    この記事に対するトラックバック