紅日毬子電子日誌【網膜堂】

虚飾集団廻天百眼俳優陣 紅日毬子の華麗なる独り言と網膜の記憶
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【たゞいちばんのさいはひにいたるために、】 | main | 【ほんたうのさいはひに近附く、ひとあしずつなのですから】 >>

深夜なので

0
    最近描いた落書きをば




    台本があまりにも完成しなかツた時




    まだ出来てゐない時




    疲弊




    まう數ペエヂで終はるといふ時




    台本完成時



    かうしてストレスを發散し乍ら書いた、【幻想第四次の記憶】、是非、観にゐらして下さい

    紅日毬子朗讀劇
    【幻想第四次の記憶】
    -銀河鐵道の夜を讀む-

    2012年6月24日(日)
    浅草橋 パラボリカ・ビス
    (マンタム個展『夜 歩く犬―崩れた塔に向かう郷愁』内)

    open 18:30
    start 19:00
    予約・前売 2,000円
    当日 2,500円

    【ご予約は此方】
    ■http://www.parabolica-bis.com/SHOP/54710/list.html
    ■Twitter…@akahimariko宛にDMか返信をお願ひします。




    朗讀やらうぜ!


    毬子
    【創意】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://akahimariko.kaitenhyakume.com/trackback/118
    この記事に対するトラックバック