紅日毬子電子日誌【網膜堂】

虚飾集団廻天百眼俳優陣 紅日毬子の華麗なる独り言と網膜の記憶
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 皐月襦袢倶楽部御礼 | main | 深夜なので >>

【たゞいちばんのさいはひにいたるために、】

0


    6月24日、今週日曜日、

    たいせつな、たいせつな
    【銀河鐵道の夜】を、朗讀致します

    主人公の少年ジヨバンニによる、
    ひとり朗讀劇であります


    だいすきなパラボリカ・ビスにて

    たいへんお世話になツてゐる、
    マンタム氏の個展期間中の見世物です

    音楽は、これ叉たいへんお世話になツてゐる、Asohgi氏にお願ひしました

    蓋を開けてみると超豪華な布陣になツてゐてほんたうに恐縮のあまり逃げ出したいです

    嘘です頑張ります


    心配してゐたお天氣も、崩れずに済みさうです


    あなた様のおはこびを、お待ちしてをります。



    僕の體驗した、あの夜の話を、するから



    紅日毬子朗讀劇
    「幻想第四次の記憶 -銀河鐵道の夜を讀む-」

    日■6月24日 日曜日
    於■浅草橋 パラボリカ・ビス
    http://www.yaso-peyotl.com/
    マンタム個展
    『夜 歩く犬―崩れた塔に向かう郷愁』会場内

    開場 18:30
    出發 19:00
    予約・前売 2,000円
    当日 2,500円

    朗讀: 紅日毬子
    舞台/照明: マンタム
    音楽: Asohgi (+α)

    ご予約・お問合せは下記HPより
    http://www.yaso-peyotl.com/archives/2012/06/mantam_event01.html

    または、紅日毬子のTwitter(@akahimariko)に、
    DMかリプライをお願ひします。


    皆様にお会ひ出来ますのを、心より愉しみにしてをります。





    いろいろなかなしみもみな、おぼしめしです



    毬子
    【報知】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://akahimariko.kaitenhyakume.com/trackback/117
    この記事に対するトラックバック