紅日毬子電子日誌【網膜堂】

虚飾集団廻天百眼俳優陣 紅日毬子の華麗なる独り言と網膜の記憶
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【関西にをります 其の壱】伏見稲荷にて

0
    皆さん今晩は。奈良県より、毬子です。

    訳あツて、百眼の面々が、関西方面にお邪魔してをります。

    1日目の昨日は、京都は伏見稲荷に往ツて來ました。

    其の模様を少し、ダゲレオタイプを交てへ記録さして下さい。




    まづ、服装についてで御坐ゐますが、、、。


    どちらとも和装。
    ナツチは牡丹、紅葉、玉菊などの柄の黒。
    毬子はむかしの藝妓サンの派手なものを、それぞれ着けてをりました。



    まさか此の恰好の儘、頂上まで行くとは思ひませんでしたけれども。笑。


    途中で

    コンナ可愛らしい子に出逢ひ、




    コンナ美味しいきつね饂飩を喰べたりしましたネ。



    何故か横になツてしまひましたがきな粉アンドバニラソフト(と石井氏)。



    アイスとナツチ。ほんたうに良いお天氣で、暑くなツちやツたからネ。



    頂上から降りてきた処に一筋の水流、薬力の滝。



    さうして小學生の頃より憧れてゐた冷やしあめに舌鼓を打ち、



    おかへりはこちら、と道しるべ。







    といふ、割と喰べものだらけの紆余曲折を経て、帰ツてまゐりました。

    美味しかツ…愉しかツたー◎

    下駄が物凄い磨り減り方をしてをりましたが、運動にもなツたし森深い神社仏閣が好きだしで、大満足して帰ツてくることが出来ました。







    帰りにチヤツカリ、大好物の八つ橋(固い方)をひとふくろ、買ひました。



    毬子





    【紀行】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    さやうなら!古都!

    0
      ひとり、西をあとにします。


      キラキラ號でな!!!

      6、7日の紀行は、落ち着いたら書かして頂きます。

      昼バスは全く睡れる氣がしません。夜中起きてゐなくてはならぬといふのに。





      さうして、明日から、月蝕歌劇団さんの【白夜月蝕の少女航海記】のお稽古です。


      毬子は、

      まさかの、


      じゅんチヤン役。



      未だに信じられない。わたくしが、あの永遠の少女をやらせて頂けるなンて。

      大切に、大切に育てゝゆかう。


      何時までもコンナ、畏れ多いといふ氣持ちだけで一杯でゐるのは、駄目だ。

      じゅんチヤンとの距離を、少しずつでも詰めてゆかねば。


      おねえチヤン、僕、頑張るね…!!!




      睡れなかツたら、また何か書くやも知れません。お附きあひくださいまし。



      毬子





      【紀行】 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

      京都に行ツて来ました

      0
        ダゲレオタイプで振り返る、京都。


        出發前の帝都にて。眠い。


        伏見稲荷境内で喰べた玉子蕎麦


        さらすく前にて。今回は閉まツてゐた。次回こそ!


        Asohgiさんことヲノデラ氏に導かれ【生きてる珈琲】にてアンブルドウレーヌ(琥珀の女王)に蕩ける。


        素晴らしき美味、【宝や】のラーメン


        【だる満】にて念願のおばんざいバイキング!美味しい!


        西の仲良し美少女が一人、しゅま嬢と【ライト商會】にて


        彼女とはかういふ間柄です


        ヒツ


        滞在中、間借りした【烏丸邸】の住人が一人、シカさん。

        大人のお子様ランチみたやうな可愛さ。【洋食 のらくろ】にて、イタリアンライス


        一日、女學生でした


        おしまい。

        凄くたのしくて、たくさんのよいものを取り込めました。

        またすぐにゆくネ。

        ありがたう!


        毬子
        【紀行】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        好き好き大好き わたしの小江戸

        0
           
          三ヶ日、何だか世の目出度さに浮かされはしやぎ過ぎて、

          なにもしてゐないのに、だいぶん疲れた氣がしてゐる毬子です。




          けふは初詣も兼ね、わたくしの生まれ育ツたまち、

          川越の旧市街【蔵づくりの街並】で遊ンで来ました。



          本日は達磨様の日でしたので街はたいへんな賑はひを見せ、

          人を避けて歩くのに難儀しました。




          道すがら、お洋服や和装小物を買ひ、

          初詣をしてお線香をあげ、

          大好きな喫茶店で喫茶初めをして參りました。
          【あぶり珈琲】




          其の後も、喫茶店を梯子したり神社でひとりでけんけんぱをして遊ンだり、

          充實したときを過ごせました。





          只、いちばんおそろしかツたのは、

          道行く見知らぬ爺様に、


          破魔矢で刺されさうになツたこと。




          おふださま、おまもりください




          初夢は何も視ることができなかツた。




          毬子
          【紀行】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          ジブリ美術館回顧録

          0

            ヤア、朝だよ。

            おはやうさま、毬子です。



            先日、念願のジブリ美術館に行ツてまゐりました。ヒヤツホーーーウ


            ご存知の方はご存知でせうけど、
            わたくしはスタジオジブリ作品がほんたうに 大 好 きです。

            マニア一歩手前くらいです。

            特に、ナウシカ、ラピュタ、もののけ姫、千と千尋の神隠しなどは台詞も大体頭に入ツてゐる程であります。


            ひとり千と千尋ごツことか平氣でやります。




            といふわけで、回顧録をば。




            先ず、コンナ可愛いバスに乗ります

            トトロ!あなた!トトロつていふのね!



            …さうして到着。入口にて。

            嬉しくてニマニマしてゐますねハイ氣持ちが悪いですねハイ


            早速飲酒!風の谷麦酒!

            ピルスナー。呑み易く美味しかツた。


            トマトで煮込ンだモツスウプ

            木のスプウンで頂きました。美味!


            さうして屋上へ…すると!!

            ロボツト兵!!逢ひたかツた!


            然しかなしい哉、小道具さん作業モオドへ移行







            剥き出しの機械は奇麗ね、、。


            さうして裏手へまはる。其処で

            發見!!!!此処でテンシオン最高潮!!!!
            「デイーテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・デル・ネトリール………」



            更に奥に進むと、、、

            「ウワアアア!ポリオグラフ!!!」
            まう誰にも止められない止まらないこのときめき


            すかさず

            ムスカごつこ
            「読める…読めるぞ!ハハハ!!」



            ………

            いい大人が大はしやぎしてすみませんでした。




            エエト、



            美術館ですので、館内は勿論撮影禁止でした。

            イヤアでも中も外も素晴らしかツた。

            入口から窓のステンドグラスから消化器から、昇降機から、細部に至るまでジブリの世界観を大切にした作りが施されてゐてほんたうに夢のやうでした。


            中でも興奮したのが、資料をたくさん集めたスクラツプブツク。

            鉱物、植物、機関車、家屋など、
            寫眞やら繪やらが項目毎にたくさん貼り付けられてゐて、、、

            「欲しい」と素直に思ひました。笑。


            あとはもふもふの猫バスに乗り

            地球屋の軒先を通り過ぎ

            神様の屋台で「此れ、何ていふ鳥かしら?千尋もおいで!骨まで柔らかいよ!」「からし」「ありがと」ごツこをし

            「おいでな」と湯婆婆に引張られる千尋ごツこをし

            ソフィーの帽子屋さんで帽子を作る真似をし

            ヤックルに萌へ


            エエトあと何だツたか知ら
            興奮して良く思ひ出せない……
            色々ありすぎて書き切れない……




            兎に角だな


            ジブリは良いぞ。


            大いなる夢だぞ。


            おほきくなツたらジブリのキヤラクタになりたいです。


            豚でも良いです。

            でも、できることなら



            ニギハヤミコハクヌシ様か
            サリマンの小姓なかの一人を



            持ツてかへりたいです。




            毬子

            【紀行】 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

            百眼女子 伊豆珍道中 いちにちめ

            0

              百眼女子で、伊豆高原へあそびにゆきました

              てんでバラバラな集合寫眞



              久し振りに喰べた駅弁



              駅に隣接する足湯で大フイーバー



              怪しい少年少女博物館



              はたしてペンギンなのだらうか



              入口附近



              記念撮影



              お宿は割烹温泉旅館
              お料理が美味しい


              海の幸!お風呂もすてきでした



              金原の髪を乾かす


              ふつかめは次の記事にて



              毬子






              【紀行】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              百眼女子 伊豆珍道中 ふつかめ

              0
                明けて、ふつかめ
                (全然眠れなかツた)



                電車すごい



                朝から抹茶ソフト



                突如として現れる巨大肌色ゴリラ
                (両側面に「パンダもいるよ」の文字)




                少し先の草叢からは恐竜



                まぼろし博覧会


                看板



                入口



                また恐竜



                おじさん、おばさん


                巨大聖徳太子
                (もし立ち上がれば40メートルになるらしい)


                このあたり好み



                アツパツパー娘


                鞍馬天狗



                怪人二十面相



                あしたのジョー



                またしても恐竜



                大弁天



                大般若



                衛生博覧会







                もはや何がしたいのか



                怖すぎる分娩室


                「あなた顔色悪いわね、手術しませう」て音声が


                何なの…



                夏は暑く、冬は寒いさうです



                あまりの情報量に疲れ果てた3人

                とても面白かつたです



                伊豆はへんなとこだツた



                毬子
                【紀行】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                わたくしの歸る場所

                0
                   



                  秘密の初詣




                  初日の出と共に、清酒を持ツて





                  山に入る




                  石段を上がツて、すこし下がるとコンナ場所に出る




                  噫 久し振り





                  視るからに危なツかしい橋


                  渡ツてから



                  川の水で手を清める




                  其処から叉、山道を登る


                  燈籠が朽ちて、至る所に散乱してゐてとてもすてき






                  【山頂に本殿が在るが其処は記録してゐない】

                  幾つかの神様に昨年の御礼と本年のお願ひをして


                  お酒をおそなへして





                  山頂から降りる時は別の道を選ぶ



                  まいとし元旦に行ふ、わたくしの一年を占ふためにする

                  急な石段降り


                  今年は此れ迄の中で、いちばん危なげなく降りられた氣がする


                  きツと、良い事があるのだと信じて








                  此の一年、尽力致します






                  「叉、来年まゐります 何うかおまもりください」







                  毬子






                  【紀行】 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

                  あゝ、離れる、離れる

                  0

                    西へゆく、鐵の匣に乗り込みました


                    さやうなら、暫くのあいだ、わたくしは留守に致します



                    西のみなさま、此の貌にピンときたら

                    なかよくしてネ





                    帝都での最後の晩餐


                    シヨコラ祭り




                    ギヴミーカカオマス



                    毬子
                    【紀行】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    【大阪へ!大阪へ!!】

                    0

                      本日只今より大阪へと向かひます

                      何故かといふと

                      廻天百眼が此れに出るから



                      http://t.co/8uxRUBXom6



                      紅蝉さんと叉一緒だ

                      うれしいなたのしいな




                      西の皆様、待ツてゐてくださひね


                      廻天百眼、男装の麗人特集


                      ゆめゆめお見逃しの無きやう



                      今回毬子が頂いた設定、實はすごく氣に入ツてゐる


                      石井主宰曰く


                      「生まれた頃から女の子として育てられた男の子、少年陰陽師」


                      ださうで、厨二神の巫女であるところのわたくしでさへ吃驚の厨二設定


                      ありがたう存じます



                      サア、行ツてまゐります





                      帝都を頼む





                      毬子



                      【紀行】 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |